プロミスの賢い利用方法【無利息を活用してお得なキャッシング】

会社ごとの独自の審査基準

会社ごとの独自の審査基準

カードローンで申し込みをして次いで行なわれるのは、審査であります。これは必ず行なわれるのでありますが、これが通らない方もいます。基本となるものが明確で無いことでありますが、その理由例をいくつか説明致します。

 

申し込みをした時点で本人確認が出来ない場合、申し込み記入欄に誤りがある場合(電話番号や住所が確認出来ない)在籍確認が取れない場合(勤め先への連絡が取れない、在籍していないなど)無職や主婦、学生の方の場合などこれら基本的なことが明確で無いと審査には通りません。

 

次いでの基準となるのは現在利用しているカード関係や融資状況の確認であります。カードを持っていても利用していないのならば問題無いのですが、利用している状態で返済が怠っている場合や高額融資をしている場合は、通らない場合があります。

 

その為に信用機関を通してその状況を調べることになり、多少の時間がかかります。それでも問題がなければ通過しますが、問題がある場合は通りません。

 

これらが基準となりこれらが全て問題なければ通過します。通過しなければ、これらのどれかが問題あるということです。申し込み前に全てを明確に出来る記入方法と自分の他カードなどの利用状況を調べてから申し込みをすると良いです。

 

審査基準で考えると銀行カードローンでの借り入れよりもサラ金の審査の方がいくらか通りやすいといわれています。